降圧剤を飲んでも血圧が下がらない理由についてご説明しております。

TOP > 降圧剤関連ページ > 血圧が下がらない理由

降圧剤の専門サイト

血圧が下がらない理由について


降圧剤を処方してもらったのに血圧が下がらない、と悩んでいる方は多くいます。

またこのような方の場合、降圧剤を飲めば血圧が順調に下がる方に比べて、脳卒中になる割合が4倍以上にもなると言われています。

医者から処方された薬をしっかりと飲んでいる、塩分も減らしている、運動も適度に心掛けているにも関わらず、ある日突然、血圧が120mmHgから180mmHgまで一気に上がってしまうような例があります。

このような異常値は他に原因があることがほとんどですが、経験の浅い医師は普通の高血圧と勘違いしてしまい、通常の処置を行ってしまうことがあります。

しかしこのような場合、副腎から出ているホルモン分泌に異常があることで、高血圧を引き起こしていることが考えられます。副腎の内部に腫瘍ができると、アルドステロンといわれるホルモンが過剰分泌されます。

そうすると塩分が過剰に血中に取り込まれてしまいますので、身体はナトリウム分を薄めるために水分を増やし、高血圧があっという間に起こってしまいます。このような場合、腫瘍を摘出するのが処置法です。

副腎のホルモン異常は最近になってごく増えてきています。降圧剤を飲んでも生活習慣や運動不足を解消しないことには、血圧が下がらないという例もたくさんあります。

例えばお酒好きな方、毎日夜遅くまで飲んでいる方、食事も肉類が好き、塩分の濃い味付けなど、このような習慣を続けていて高血圧になった方は、普通の方より降圧剤の効果はやはり遅いと言えます。

ですので、高血圧を根本から改善するには食事内容を制限し、お酒、たばこも止めるようにします。また、減量のためにはウォーキング、ジョギングなどの運動をするように心掛けます。

つまり、降圧剤をいくら処方したところで、自分自身の生活習慣を見直さないことには病状を完治させることは難しいと言うことです。

もしあなたが長いこと高血圧に悩んでいるのであれば、今すぐ生活習慣を見直す努力をしてみてください。また、それと同時に私の治療法を実践してください。

私の治療法は薬などを飲まなくても、あることをやっていただくだけで、短期間で血圧を下げることができます。


今まで延べ5万人以上の方が、私の治療で薬を使わずに血圧を下げることに成功しています。きっと、私の治療法があなたの高血圧生活を終りにするきっかけになると思いますので、今すぐ詳細を下記より確認してみてください。