降圧剤を飲むと眠気と便秘になることが多々あります。

TOP > 降圧剤関連ページ > 眠気と便秘について

降圧剤の専門サイト

眠気と便秘について


降圧剤を服用していると眠気に襲われることは多々あります。それだけ薬の作用が強いということです。

また、体のだるさなども血圧が低下すると起こる副作用ですが、個人差は大きいと言われています。

薬の種類によっては副作用がかなり重くなることもあります。体調に不具合が出た場合はすぐにでも医師に相談すべきです。

降圧剤は服用を始めてから効果が出るまでに、1週間程度かかるのが一般的です。その間は体調管理は欠かせません。

副作用が強いと眠気が1日中続いてしまうこともあります。これでは生活に支障が出てしまいますので、あまりにも睡魔に襲われるようでしたら、すぐに担当医に相談するようにしてください。

また同じく副作用で多いのが便秘です。血圧は正常になったとしても便秘になってしまうわけですが、整腸剤を飲んだりして誤魔化している方も少なくないようです。

血圧がきちんと正常値まで下がっているような場合は、服用を止めることがなかなかできませんが、医者とよく相談して整腸剤や他の薬を併用することが大切です。

ですが、ここまで体にリスクがある降圧剤を飲み続けることは本当に必要なのでしょうか。私の答えはNOです。高血圧は生活習慣をしっかりと見直し、正しいやり方を行なえば改善させることはできます。

実際に私の治療法では薬などを一切服用せずに、高血圧を改善することができています。その数は5万人以上、その人数が私の治療法が正しいことを立証してくれています。

もしあなたが、「薬はもう飲みたくない」、「副作用が恐い」と思っているのであれば、私の治療法を今すぐ実践してください。あなたの高血圧を短期間で改善させ、元の日常生活に戻れるようにしてみせます。