降圧剤の飲み合わせは一歩間違えると大変なことになります。

TOP > 降圧剤関連ページ > 飲み合わせについて

降圧剤の専門サイト

飲み合わせについて

薬は病気を治すために必要なものです。しかし、飲み方を間違うと逆にリスクが高くなることもあります。

高血圧を下げるために使用される降圧剤でも、糖尿病の治療薬などと合わせてしまうと、低血糖を招く恐れが十分にあります。

血糖値が低くなるとどうなるか、意識がはっきりしなくなったり、最悪の場合は死に至る可能性も大です。

他には喘息の方が使用する薬と降圧剤を飲み合わせた場合も、喘息が悪化してしまう可能性が高いですし、精神科に通っている場合も要注意です。

降圧剤を飲めば血圧は下がりますが、逆に血圧が上がってしまう例として、風邪薬や胃腸薬があります。

まず、降圧剤以外に別のものを服用するときに肝心なのは、一緒に飲んでいいもの、悪いものを予め担当医に確認しておくことです。高血圧もそうですし、糖尿病、肝臓病にかかっている方も同じです。

特に市販で販売されているものは、何気なく使ってしまいがちです。病院を変える場合もしっかり服用中のものについて相談すること、また診療科が違うから平気、ということもありません。

歯科などでも似ている成分の薬はかなり多いですから、血圧だから歯科には関係ない、ということは全くありません。

飲み方が悪いと結果として、血圧を下げる効果が強くなってしまう場合、逆に弱くなってしまう場合がありますが、いずれにしても危険な状態を招く恐れが十分に考えられます。

また日本ではまだこの種類の情報の普及手段が足りないとも言われています。本当は怖かったんだ、という具体的な組み合わせに遭遇しないためには、どうすればいいか、使用する薬が新しいものかどうかなどもしっかりと確認すべきです。

もしあなたが長いこと高血圧に悩み、降圧剤を服用し続けているのであれば、今すぐ服用することを止めて、私の治療法を一度試してみてください。

私の治療法では降圧剤を使うことはありませんし、体に負担をかけるものでもありません。あるたった1つのことをやって頂くだけで、短期間で血圧を下げることができます。

私の治療法の詳細は下記より確認できますので、長いこと高血圧で悩んでいる方はぜひ一度実践してみてください。