降圧剤の効果は一時的なものに過ぎません。

効果について


降圧剤は血圧を下げる他にも動脈硬化や糖尿病、心不全や腎障害などの予防にも効果があると言われています。

もちろん使用を続ければ死亡率も下がりますし、80歳を超えた方でも少しずつ下げていくようにケアすることが大事です。

また降圧剤への期待はあまり大きくすべきではありません。生活習慣を変えない場合、薬の作用がしっかり希望通りに現れないこともよくあります。

降圧剤の役目は血圧を下げることには変わりありませんが、もっとしっかりと把握するならば、生活習慣を変える手伝いをすることに他なりません。

高血圧を改善するには食事、運動なども一緒にしっかりと実践することが必須です。また降圧剤にも色々と種類がありますが、ごく一般的な利尿薬は血液の量を調整します。

また、ベータブロッカーと呼ばれるタイプは交感神経の昂ぶりを抑える効果があり、最も処方頻度が高いと言われるカルシウム拮抗薬は、血管の太さを調節して血圧を下げる働きをしてくれます。

血液量調整については、しょっぱいものを食べると水が欲しくなります。血液のナトリウムが濃くなり、脳が薄めるように指示を出しています。

そして水を飲まないでいると、血圧を上げて尿の出る可能性を高めます。利尿薬はナトリウムの排出も促し、水分も出すことで体液が減る、つまり血圧を下げる効果が見込まれます。

また交感神経はアドレナリンによって昂ぶりますので、この働きをブロックして血圧を下げてくれます。ベータブロッカーやアルファブロッカーがありますが、心臓の収縮力を抑えて血圧を下げるためのベーターブロッカーがよく使用されます。

心臓や血管の筋肉の収縮にかかわるカルシウムの流れを抑えて、筋肉を弛緩させるのがカルシウム拮抗薬です。つまりこれが血管の太さを調節する方法です。

いずれにしても降圧剤は副作用が多いので、長期間服用することはやはりお薦めできません。

私はこれまでに5万人以上の患者さんと接し、薬などを一切使わずに多くの方を改善させてきました。私の治療法は至って簡単です。たった1つのルールを守って実践して頂くだけです。

その1つのことを実践して頂くだけで、短期間で結果がついてきます。もし興味のある方は下記より詳細を確認してみてください。きっと私の治療法があなたのお悩みを解決する手段になるはずです。