降圧剤は強い薬のため頭痛やめまいを引き起こします。

TOP > 降圧剤関連ページ > 頭痛とめまいについて

降圧剤の専門サイト

頭痛とめまいについて

高血圧で悩んでいる方は、病院で処方された降圧剤をほとんどの方が飲んでいると思います。

ですが、降圧剤は強い副作用が起こることがほとんどで、頭痛やめまい、吐き気まで出てしまった、という方が後を絶ちません。


頭痛やめまいの他には発疹や冷え性、咳、関節の炎症、性欲の減退、性的不全などもよくある症状ですが、初期の頃から頭痛もめまいも多かった、という方は他にも副作用が連鎖していく可能性が大きいです。

また、降圧剤を飲み続けると早期にボケの症状をきたすことも多いと言われています。降圧剤を飲むと、自律神経のうち昂ぶりをもたらす神経である交感神経が緊張を維持します。

そうなると脳に血行が行かない状態になりますので、認知症になってしまうことも考えられます。白内障、緑内障、ガンなども降圧剤の危険な副作用と言われています。

めまいというとよく耳の病気と関連が深いと言われますが、実際は全身の病気が関連しています。循環器系や内分泌系に異常があるというケースでも脳への血行が減少することで眩暈が起こります。高血圧症、低血圧症もそうです。

頭痛や眩暈は比較的すぐに現れます。また症状も軽い場合はあまり関心を持たずにそのまま服用を続ける方も多いようですが、認知症やガンなどの重大な病気に至る前兆であるとも言えますので注意が必要です。

やはり降圧剤は怖い薬と言えます。治療するための薬、つまり症状を抑えるだけではなく何らかの改善効果が期待できるものでは決してありません。

頭痛、めまいを感じたらすぐにでも担当医に相談することが不可欠です。そして生活習慣を改善するためにはどうすればよいか医師としっかり考えること、これが大事です。

降圧剤の効果は高いな、と一安心してしまうと、生活習慣をどうやって改善したらいいか、という意気込みも薄れてしまいます。

高血圧を根本から治すには生活習慣を見直すことがとても大事です。薬に頼っている以上は高血圧を治すことは難しいと考えてください。

もし、本気で高血圧を改善したいと思っているのであれば、私の治療法を今すぐ実践してください。

私の治療法は薬などを一切使わずに短期間で血圧を下げることができます。また、短期間で効果が出るからといって、体に負担をかけるような危険なものではありません。

実際に私の治療法で5万人以上の方が薬などを一切服用せずに血圧を下げ、その後も血圧を正常にキープすることができています。きっと、私の治療法を実践していただければ、あなたが長年悩んできた高血圧を早期に解決できると思います。