その他ページをお伝えしております。

その他ページについて


降圧剤と有酸素運動について

血圧が高いから降圧剤を飲むことは悪いことではありません。医者が処方した降圧剤を鼻から嫌うようであれば、まず医者にかかる意味はありませんし、他の治療法が見つからなければ重篤な合併症が待っているとも言えます。

しかし降圧剤を飲みながら他の改善法を試行することは可能です。というよりは降圧剤は血圧を一時的に下げるためのものであり、その下げている間に何を実践するかによって高血圧患者の将来は決まってくると言えます。

また、降圧剤を飲むこと以外にどのような改善方法があるかといえば、食事がやはり一番大事です。また、高血圧を改善するには有酸素運動がとてもお薦めです。

有酸素運動であれば身動きがある程度不自由な方でも実践できます。有酸素運動としては、軽いウォーキング、ジョギングなどもかなり効果があると言われています。

もちろん毎日実践しなければ意味はありませんが、ウォーキングは特に歩くことですから、人体にとって基本です。ウォーキングをする場合、公園に向かったり、川沿いに歩いてみたり、リラックスしながら行うのも基本です。

あまり調子に乗って続けないこと、つまり疲労を溜めるまで実行してしまうと、続けられるどころが高血圧にも影響は大です。初めのうちは1回で30分程度にすると良いです。慣れてきたら少しずつ時間を増やしていきましょう。

また有酸素運動後は良質のタンパク質を摂るのもコツです。豆乳やアミノ酸系のサプリなども多くの方が利用しているようです。有酸素運動はとてもお薦めです。ぜひ毎日取り入れる努力をしてみてください。

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから